Doorkeeper

【火曜夜開催】Webエンジニア就職説明会 - 2019年6月度 -

2019-06-25(火)19:00 - 22:00

DIVE INTO CODE 東京校 教室

東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階a

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

DIVE INTO CODE 受講生限定チケット
無料
一般(受講生ではない方向け)
無料
お申し込み時のアンケート内容を元に、当日使用する自己紹介カードを作成します。

詳細

開催目的

DIVE INTO CODE では、Webエンジニアとして社会で活躍できる人材を輩出することを何よりも重視しています。その接点と機会の創出のため、毎月1回以上の就職説明会を開催しています。

実務未経験者の場合、エンジニアとしての就職を掴み取るためには自分から行動することが欠かせません。引く手数多なのは、ベテランエンジニアだけの話です。就職を目的にされている方は、早期から接点を持ち感覚を研ぎ澄ませていきましょう。
まずは採用観点を知り、準備する心構えとモチベーションを持つことが重要です。

ご来場企業様

今回、ご来場くださる企業様は、以下の通りです。

アクトインディ株式会社 大羽田様

アクトインディは今、自分たちが在ること、得られている物は先達から受け継いだものであり次世代により良い形でバトンタッチすべきと考えています。20年、30年後の未来を担う子ども達に少しでも素敵な環境を渡す。そのための手段の一つとしてwebメディア「いこーよ」をリリースし10年が経ちました。「いこーよ」を通して親子が素敵な日々を送り、成長していくサポートをしたいと考えています。

https://actindi.net/


株式会社メンバーズエッジ 岩本様

私たちは、エンジニアの「心豊かさ」の実現のため、経済的な豊かさだけでなく、エンジニア一人ひとりの生涯のキャリアや人生に真摯に向き合い、顧客のプロダクトパートナーを目指します。

https://www.membersedge.co.jp/


Nexus Frontier Tech Ltd 水野様

私たちは、AIのエキスパート、エンジニア、研究者のチームです。業務の効率化やコスト削減など、様々な企業が抱える課題に取り組むため、3年前に設立しました。自社の強みであるAIソリューションを駆使し、大手企業などと共同業務を行うことで、コスト削減やリソースの効率化を実現しています。また、自社で開発しているAI開発者向けのAlaaSプラットフォーム「Podder.ai」を提供し、企業のデータ漏洩のリスク削減などに役立てています。

https://nexusfrontier.tech/


株式会社mofmof 伊藤様

DIVE INTO CODE卒業生が働いています!

弊社mofmof inc.では「つくって人をしあわせにする」というビジョンを持って事業を営んでおります。この言葉には、「使う人」「欲しい人」「作る人」の3者をしあわせにできる「ものづくり」にこだわろうという想いが込められています。
私たちが作ったソフトウェアを使うことで、エンドユーザーの生活は便利で豊かになり、提供者は利益を得てビジネスを成長させることができる。「生み出したものを通じて人々を幸せにしている」という実感を持ちながら、ソフトウェアの新しい価値を実現すべく、また、次の挑戦をする。そんなスパイラルを続けていきたい。それが私たちの想いです。

https://www.mof-mof.co.jp

アジェンダ

19:00-19:30 入場開始、受付
19:30-19:35 ご挨拶:株式会社DIVE INTO CODE
19:35-20:20 各社様の会社や求人紹介:説明10分

  • 1社目
  • 2社目
  • 3社目
  • 4社目

20:20-21:40 座談会(各社毎のテーブルにて)
21:40-22:00 個別相談/名刺交換

過去のご参加者の声(一部抜粋)

  • IT業界を知るにはなるべく早い段階で説明会や面接に行くべきと言います。
  • DIC生に興味を持ってくださる企業様とお話しすることができる。
  • Ruby on Railsチュートリアルは無償で公開されているので、デバックして理解しておいたほうがいいよ。
  • ほぼ0距離で話せる就職説明会がある。
  • 堅くならずにフラットに聞きたいことを聞ける会と伝えます
  • DIVE INTO CODEの受講生に対する何らかの期待値を持ってくださっている企業の担当者とお会いできるのは、就職活動の効率という意味では非常に良いです。企業側からの説明が1社10分なのに対して質疑応答は30分ですので、インターネットで得られない情報を知ることができます。また、自分の目指す業界にすでにいらっしゃる先輩である技術者や社長とざっくばらんにお話できる非常に良い機会でもありますので、来校される企業自体への就職を希望されていないとしても得られるものはあるのでぜひ参加してみてください。
  • マナー教室に行く感じ。自分が至らないのは前提。実際に足を運んで、他の人がどんな姿勢で取り組んでいるのか、自分に足りない所は本当はどこなのか知る事ができる。
  • 実社会にコミットしてる数少ない会社が来てたよ!
  • 就職説明会というより、社会におけるAIの可能性と影響力の高さを感じる2時間の講義です。
  • 自分の勉強している内容はどうやって仕事に繋がるのか?をイメージできるので、勉強にも身が入るようになると思います。
  • 今すぐ就職、転職を考えていない人でも、ぜひ参加すべきと思います。一企業の代表者と直接話せる機会はめったに無いと思います。
  • Web系企業様がわざわざ来ていただいて、話をいただける機会がある。自分のキャリアプランに基づく明確な質問を、各企業様2つは用意して望むと、より充実した説明会になるからぜひ参加してみたほうが良いです。
  • Webエンジニアも人手不足がありそうだが、AIエンジニアがそれ以上に人手不足な印象。
  • 参加するたびに新たな発見があります。

DIVE INTO CODE 代表 野呂よりメッセージ

Image from Gyazo

エンジニアとしての就職をゴールにお考えの方は、ぜひご参加ください。待っているだけではなく、自分から行動しましょう!
ご来場企業様は、本気でエンジニアを採用したいと思っています。そのため、その場で求人への応募が可能ですし、求人要項への質問、直接対面しなければなかなか聞けないようなことを聞くことができます。ご参加される方は、必ず1社1つ質問をご用意してお臨みください。

ふるってのご参加をお待ちしております。

協賛

  • 一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会

リクルーティングパートナーを募集しています

  • 参画料金:無料
  • 参画メリット
    • 約720〜1,000時間と60〜100万円を自己投資した意欲の高いエンジニア候補生を採用できる
    • 採用候補者のセンスや才能、技量を就職説明会の座談会で直接見極められる
    • 将来の見込み社員に対して求人情報を展開できる

https://diveintocode.jp/recruiting_partner

詳細は、 cs@diveintocode.jp までお気軽にお問い合わせください。

コミュニティについて

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。 DIVE INTO CODEは、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。ソフトウェアエンジニアの正社員として就業し、その後活躍できるようになるまでを支援するコミュニティがここにはあります。 さあ、私たちと一緒に未来を切り開きませんか...

メンバーになる