Doorkeeper

【対談企画】フリーランスエンジニア・デビューへの登竜門

2019-03-06(水)19:00 - 22:00

DIVE INTO CODE 東京校 教室(4a)

東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階a

詳細

開催目的

DIVE INTO CODE では、プロのエンジニア(プログラマ)として社会で活躍できる人材を輩出することを何よりも重視しています。そのために基礎力をつけ、問題解決能力と人的ネットワークを獲得してプロになるチャンスをつかめるスクールの運営をしています。

私たちは、今までに駆け出しエンジニアとして歩み出す方々を何人も輩出してきました。その道は、年を経るごとに強化され、実務経験を獲得するまでの最適解となりつつあります。

そのため、さらなる成長ステップを構築するため、駆け出しエンジニアたちが経験を積み、夢と希望を求めてフリーランスエンジニアとしてデビューする機会を増やすことを決意しました。

フリーランスエンジニアとしてデビューをするためには実務経験が欠かせません。

およそ フルタイム勤務で2年。これがフリーランスエンジニアとして必要な実務経験の相場経験 です。「ゆくゆくはフリーランスに」と志望される方は多いですが、その現実を最初から知る人は少なく、エンジニアの修行を始めてから気づくことも少なくありません。

ご自身の夢と希望を現実化するためにも、早期からフリーランスエンジニアにデビューするまでの実態と経験豊富な先駆者フリーランスエンジニアとの接点を持ち感覚を研ぎ澄ませていきましょう。

まずはフリーランスデビューをするための要件とその背景を知り、準備する心構えとモチベーションを持つことが重要です。

そこで今回、DIVE INTO CODE 卒業生の フリーランスエンジニア・デビューを何人もご支援いただき、ご自身もフリーランスとしてデビューされたご経験をお持ちの方にお越しいただき、「フリーランスエンジニア・デビューへの登竜門」について対談するイベントを開催いたします。

ご登壇者様

株式会社FromTo 代表取締役 宮城 浩 氏

Image from Gyazo

1986年沖縄県生まれ。月250時間超が標準化の企業にSEとして従事。3年目に「月450時間(残業300時間)」を経験し、上京を機にフリーランスエンジニアへ転身。4年間のフリーランスの経験を経て、実体験から「SEはフリーランス化すべき」を掲げキャリアアドバイザーとして活動。相談後、フリーランスとなったエンジニアを集め非公開コミュニティE2C運営。2018年株式会社FromToを設立。観光サービス『アテンダー』開発に注力。2019年4月β版ローンチ予定。

脱・社畜se
https://xn--se-ij7e50l.jp/

株式会社DIVE INTO CODE 代表取締役 野呂 浩良 氏

Image from Gyazo

リクルートやワークスアプリケーションズなど異業種・異職種への転職を4度経験。あらゆる時間を計測し、未経験の職務でゼロから短期間に成果をあげる独自の生産性向上手法を確立。ワークスアプリケーションズの特待生制度「問題解決能力発掘プログラム」の突破経験と起業過程でエンジニア人材の不足を痛感した原体験から、プロのエンジニアになるために挑戦する人がチャンスをつかめる「DIVE INTO CODE」を創業。グロービス経営大学院MBA(経営学修士)修了。

アジェンダ

19:00-19:30 入場開始、受付
19:30-19:35 ご挨拶:株式会社DIVE INTO CODE
19:35-20:20 パネルディスカッション
20:20-20:50 グループディスカッション
20:50-21:30 個別相談、名刺交換

事務局よりメッセージ

「ゆくゆくはフリーランスエンジニアになりたい」を一度でもクチにされたことがおありの方はぜひご来場ください。フリーランスエンジニアになることは、そう簡単なことではありません。しかし、困難な目標と感じたとしても、人生は一度きり。自由と責任を手にするために行動しましょう。

DIVE INTO CODEは、エンジニア求人や紹介予定派遣でのご紹介が可能です。詳細は、現地にてお気軽にお問い合わせください。
有料職業紹介事業 許可番号 13-ユ-308943
労働者派遣事業許可番号 派13-312919

ふるってのご参加をお待ちしております!

コミュニティについて

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。 DIVE INTO CODEは、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。ソフトウェアエンジニアの正社員として就業し、その後活躍できるようになるまでを支援するコミュニティがここにはあります。 さあ、私たちと一緒に未来を切り開きませんか...

メンバーになる