Doorkeeper

DEMODAY 6th 登壇者説明会【開発言語・分野問わず!一般参加枠あり! 最優秀賞者にはMacBook Proを進呈】

2019-01-05(土)14:00 - 15:00

DIVE INTO CODE 東京校 教室

東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階a

2人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

参加費無料
DEMODAY登壇をご希望される方への説明会です。受講生以外・一般応募の方(実務経験一年以内)もご参加いただけます。

こちらはDIVE INTO CODE主催のDEMODAY・登壇希望者の説明会のご案内ページです。
DEMODAY観戦者用のページはこちらです。登壇をご検討される方はご一読ください。

登壇者用申し込みフォームはこちらです。

<DIVE INTO CODE「DEMODAY説明会」>

1/19(土)開催の説明会ご参加の方はこちら
※ 説明会の内容は同じです。

DEMODAYに登壇したい!といった方々を募集しております。
DEMODAY開催までの流れや、プレゼンテーションの練習詳細などについてこちらから詳細な説明をさせていただきます。

登壇をご希望される方は、上記登壇者申し込みフォームから応募後、こちらの説明会にご参加ください。

<DIVE INTO CODE「DEMODAY」 とは>

プログラミングスクール:DIVE INTO CODEの各コースを受講している現受講生、卒業生そして今回からは外部の方も参加権を得られるピッチイベントのひとつです。
第一線で活躍する経営者・起業支援家・CTO・VCなどの方々が審査員となり、アプリ・サービスについてプロの目線で審議いただけるイベントになります。

発表せずとも参加するだけでビジネス・技術双方からの審議が聞くことができますので、今後の自身の見識についてブレイクスルーを生む機会にしていただければ幸いです。

今回は最優秀賞者にはMacBook Proを贈呈!

  • DIVE INTO CODE受講生だけではなく、外部の方も登壇者として募集いたします!(実務経験一年以内の方のみ)
  • DIVE INTO CODEはRuby on Railsと機械学習のカリキュラムがメインのスクールですが、DEMODAYでは使用する開発言語は問いません。(例:webアプリケーションではなく、スマホアプリなど)
  • メインテーマとして、「個人・社会が抱える問題」を解決するアプリケーションを募集いたします。

タイムテーブル

14:00 開始

14:05 - 14:30 DIVEINTOCODE教育メンターからのDEMODAY概要プレゼンテーション

14:30 - 14:35 代表野呂から一言

14:35 質疑応答

Image from Gyazo

コミュニティについて
DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。 DIVE INTO CODEは、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。ソフトウェアエンジニアの正社員として就業し、その後活躍できるようになるまでを支援するコミュニティがここにはあります。 さあ、私たちと一緒に未来を切り開きませんか...

メンバーになる