Doorkeeper

【土曜朝開催】DIVE INTO WORK 就業説明会 - 2018年10月度 -

2018-10-13(土)10:00 - 13:00

DIVE INTO CODE 東京校 教室

東京都渋谷区円山町28番4号大場ビルA館4階

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

DIVE INTO CODE 受講生限定チケット
無料
Rails技術者認定試験 合格者限定チケット
無料
PHP技術者認定試験 合格者限定チケット
無料
一般(受講生ではない方向け)
無料
DIVE INTO CODE

詳細

開催目的

DIVE INTO CODE では、ソフトウェアエンジニアとして社会で活躍できる人材を輩出することを何よりも重視しています。その接点と機会の創出のため、毎月1回以上の就業説明会を開催しています。

実務未経験者の場合、エンジニアとしての就職を掴み取るためには自分から行動することが欠かせません。引く手数多なのは、ベテランエンジニアだけの話です。就業を目的にされている方は、早期から接点を持ち感覚を研ぎ澄ませていきましょう。
まずは採用観点を知り、準備する心構えとモチベーションを持つことが重要です。

ご来場企業様

今回、ご来場くださる企業様は、以下の通りです。

アイレット株式会社 事業戦略本部 採用マーケティング 石田 様、小野澤 様
          カスタマー支援事業部 開発セクション セクションリーダー 小谷松 様

デザイン、システム設計・開発、AWSを活用したクラウドベースのインフラ設計・構築・運用監視にいたるまでワンストップ体制で、あらゆる側面からお客様に向き合い、解決に導いています。cloudpack(クラウドパック)という事業名で、Amazon Web Servicesの運用・保守代行サービスを提供しています。
DIVE INTO CODE卒業生が就業しています!

https://www.iret.co.jp/recruit/


株式会社Clarity 代表取締役 古谷 聡美 様

larity(クラリティ)は働き方データベース & 企業口コミプラットフォームです。結婚、出産、育児と変化していくライフステージを通じてより多くの女性がキャリアを実現できるように、働き方に関するデータや口コミ、企業ストーリーをまとめ、その企業はどのようなワークスタイルができるのか「働き方」で仕事が探せるサービスを目指しています。現在約4,000社の企業データを公開中!

https://www.clarity.tokyo/


株式会社トリプルアイズ 事業戦略室 松田 祐一 様、森本 様

トリプルアイズでは、「Technology First!」を合言葉に、常に新しい技術や、新しいサービス研究のチャレンジを社員のみなさんと共に実践しています。
もちろん、無理難題をいきなりお願いすることはありませんが、「チャレンジしたい!」という気持ちを大切にし、できる限り希望に沿う成長プロジェクト環境への配属がチャレンジ精神を育みます。

https://www.3-ize.jp/recruit/


イノバテックスタジオ株式会社 Dr. Matthew Johnson 様、三好 利昌 様

innovatech studioは7月に設立したばかりのセンコーグループの次世代技術研究開発チームです。ビジネスの半分は物流業界向けのオートメーションソリューション、残りの半分はウェブやモバイルの開発を行っています。物流業界は、今大きな変革が起ころうとしています。innovatech studioはそんな中、AI、ロボティクスなどの技術を開発・活用し、物流業界にイノベーションをもたらします。

https://innovatech.studio/


アジェンダ

10:00-10:30 入場開始・受付
10:30-10:35 ご挨拶:株式会社DIVE INTO CODE
10:35-11:40 各社様の会社や求人紹介:説明10分、質疑5分
 ・1社目
 ・2社目
 ・3社目
 ・4社目
11:40-12:50 座談会(各社毎のテーブルにて)
12:50-13:00 ご歓談

過去のご参加者の声(一部抜粋)

  • 独学よりいち早く実務に携わるべき
  • 非常に有益な情報を得られるから、是非とも参加すべきです
  • 自社サービスも受託の企業に関しても、DIC紹介求人は、裁量大きく開発に携われるので、成長機会を掴むために積極的に応募するのがよい。
  • 自分がなぜ今プログラミングを学んでいるのか再確認と自分ゴールまでのギャップ、勉強のモチベーションの助けになりました。
  • face to faceで話せる
  • なりたいエンジニア像・やりたいことが見つけられる機会です。
  • 就業を考えているなら参加するべきです。まだまだ未熟で未経験の受講生でも積極的に採用を考えてくれている企業はたくさんあります。それを知るだけでもいい機会になるかと思います。
  • 8時に起きて0時まで仕事&勉強をしないと追いつけない
  • インターネットの情報(Wantedlyなど)も良いけれど、やはり直接企業の方にお会いして話を聞くべきだと思うから、少しでも興味があるなら参加することをオススメしますよ!
  • Googleでは出てこない情報が得られるよ
  • 卒業生で就職した方の話や、企業の中での具体的な仕事内容を聞ける説明会で、卒業後の目標やモデルを実際に見てイメージができるいいきっかけになると思います。
  • 自分の行きたい分野だけでなく色々な企業のお話を聞いておいた方がいいと思いました。
  • 一人目のエンジニアになれるチャンスがあるよ
  • 企業の方から直接話を聞けて、更に自分からも聞きたいことを沢山聞ける機会なんてそうそうあるものではない。ほんの少しでも興味があるなら予定をしっかり調整して参加すべきですよ!と伝えたいです。
  • 勉強のモチベーションにも繋がると思うで是非!
  • 転職を考えるなら必ず参加すべきですよ
  • 様々な企業の話を聞くことができるので、自分の進路の参考になる。
  • 座談会が充実していたのとやはりこの業界は面白い人が多い。
  • 今、心配していることの殆どがスッキリします。心配が減ります。悩んでいるならまず参加を!
  • ベンチャー企業と言っても、大きな成長を目指すところや、新しい技術をとりあえず使いたいところ、ニッチ市場でナンバーワンをとりたいところなど様々存在している。
  • 開発会社と直接コンタクトできる良い機会
  • 会社の採用担当やエンジニアの方と話すことで、自分に足りないことがわかる。
  • 企業様のお話を聞くことで、就転職した際のイメージが沸きます。ホームページだけでは分からない代表の想いや理念等を聞くことができます。
  • 仮に現状応募の意思が固まっていなくても、有意義だと思うので参加した方がいい。
  • 実務のど真ん中にいらっしゃる方々のお話が聞けるためとても参考になります。
  • 縁やタイミングって大事だと思った。新しい会社が多いので一からサービスに携わる経験や会社のコアメンバーになれる可能性がある。また技術やサービスなど直接質問出来るのが貴重。
  • 予想外の収穫があります。
  • DICからエンジニアになるチャンスがあるので参加したほうがいい。
  • 企業の採用担当者からフランクに会社の雰囲気や採用に関する情報やを頂ける貴重な機会。
  • dic卒業生であることが、就職に有利に働く
  • 今回、DIC卒業生が就職した企業が来ていたので、実務の際に苦労したことなどが聞けて、有意義だった。
  • 行動を起こすキッカケになる
  • エンジニアで就職を考えているなら、参加企業に対して応募意思が無くても参加した方がいい。
  • 就業説明会に参加するだけで企業様と直接お話しすることができる『チャンス』です。
  • 会って話せるので代表、技術責任者に直接会える
  • 近くで生の声が聞けるので、よりリアルな現場を知る事が出来る。
  • 未経験者採用を検討されてる企業様が何を求めているかを直接聞ける希少な機会。
  • 自作アプリをシンプルに紹介できるようにしておくべき。
  • チャンスが多いと思います
  • 自分のアピールできるものを早めに作ったほうがよい
  • 視野を広げるためにも、行って損はないと思いました。
  • 業界の雰囲気を聞くためにも一度は参加しても良いかもしれません。

DIVE INTO CODE 代表 野呂よりメッセージ

Image from Gyazo

エンジニアとしての就業をゴールにお考えの方は、ぜひご参加ください。待っているだけではなく、自分から行動しましょう。ご来場企業様は、本気でエンジニアを採用したいと思っています。そのため、その場で求人への応募が可能ですし、求人要項への質問、直接対面しなければなかなか聞けないようなことを聞くことができます。ご参加される方は、 必ず 1社1つ質問をご用意 してお臨みください。
ふるってのご参加をお待ちしております!

協賛

  • 一般社団法人Rails技術者認定試験運営委員会
  • 一般社団法人PHP技術者認定機構

リクルーティングパートナーを募集しています!

参画料金:無料
参画メリット
* 約500〜1,000時間と50〜100万円を自己投資した意欲の高いエンジニア候補生を採用できる
* 採用候補者のセンスや才能、技量を就業説明会の座談会で直接見極められる
* 将来の見込み社員に対して求人情報を展開できる
https://diveintocode.jp/recruiting_partner

詳細は、 cs@diveintocode.jp までお気軽にお問い合わせください。

コミュニティについて

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。 DIVE INTO CODEは、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。ソフトウェアエンジニアの正社員として就業し、その後活躍できるようになるまでを支援するコミュニティがここにはあります。 さあ、私たちと一緒に未来を切り開きませんか...

メンバーになる