Doorkeeper

【起業家・起業志望者向け】自力で開発するための第一歩!はじめてのプログラミング講座Webサービス編

2016-02-24(水)19:00 - 22:00

TEMONAセミナールーム

東京都渋谷区渋谷2-12-19 東建インターナショナルビル本館9F

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い

詳細

■こんなことを教えます
                                     
人生で、はじめてのプログラミングを一歩踏み出す場を創ります。
”30分”で開発環境を構築し、”3時間”でインターネット上にWebアプリケーションを公開します
                                              
■なぜ開催するのか

インターネット業界における「起業」を取り巻く周辺環境は、数年間で大きく変わりました。ここ3〜4年間だけでも、スタートアップを取り巻くビジネスモデルが大きく変わっています。
                                      

会社の創業期に少額投資とメンタリングをおこなう特化型のファンドが多く誕生し、「起業しやすい環境」が出揃っていると言われ始めています。その中で「新しいサービスを創造したい」と熱い思いで起業奮起をしている方が沢山います。
                                      

しかし、Webサービスを開発する事業モデルで起業する際、技術スキルが無い起業家は、「自分のアイデアを思い描いたように自由に実現出来ない」と行き場のない歯痒い気持ち、コンプレックスのような感情を抱くことが少なくありません。
                                     
仮に、プレゼンの練習をして自分のアイデアをいくら雄弁に語ることができたとしても、似たようなアイデアを持っている人は世の中に沢山います。アイデア自体に価値はありません。実現する手段をあわせ持ってこそです。WEBサービスは、実際に開発して初めて価値が生まれます。

                                       
「それならプログラマーを雇えば良い。」そう思う起業家もいるでしょう。しかし、サービスの設計思想からユーザ体験まで、書かれている コードの意味を理解して新機能のプロトタイプを作れるプログラミング・スキルがないと、雇ったプログラマーに以心伝心は難しいでしょう。
                                      
それはなぜか。
簡単な例を挙げると、ボタン1つでもの種類やサイズがあるからです。「この辺にボタンを付け足して」と雰囲気を口頭で伝えても「ちょっとイメージと違うな・・・」と繰り返し、コミュニケーションのズレを補正することを繰り返します。
                                      
また、頭の中に描いた最初のアイデアに沿ってプログラミングを進めていくと、途中で他の色々なアイデアが出てきます。そして、サービスが完成して日々改良を重ねる過程で、最初に考えていた内容はほんの一握りだったということに、気付きます。
                                     
発案者自身の手によって、アイデアを形にするという作業の過程では、アイデアに命が吹き込まれて、成長していきます。これは、Facebookのザッカーバーグ氏やTwitterのCEOにも当てはまります。
                                     
成功しているサービスは、そのほとんどのCEOが、プログラミングを理解して自力で率先してプログラミングをしているのです。
                                     
また、少し新規性があるからという理由でメディアに取り上げられたとします。そしてある一定まで大きくなった時、「次は何をしてマネタイズしよう?」となります。そんな時、プログラミングが出来ればすぐさまプロトタイプを作成し仲間に見せアイデア交換が出来ます。
                                     
WEBサービスを開発する事業モデルで起業するのであれば、を作るためのプログラミング知識を習得することです。
これは、必須項目です。
                                     
自力でプロトタイプを開発できるようになるためには、それなりの学習コストがかかります。勉強時間コストや勉強サポートをしてくれる人やスクールへの金額コストです。
いきなり本格的に始めるには、非常に多くのコストを一気に支払う必要性に迫られるでしょう。
                                     
今から、一歩ずつ確実に進むことをオススメします。
その一歩目を今回ご用意しました。
                                     
■■■コンセプト
                                     
『自分ではカタチにできない』と思い込み、エンジニアを探すという口実でビジネスアイデアを前に進められずにいる等の非エンジニアの方向けに、まずカタチにすることでリーンスタートアップを行いたいという課題を、自力でプロトタイプを作成できるスキルを身につけることで解決する。
                                     
■■■講義の内容
                                     
講義とワークを組み合わせた二部構成です。
時間管理にこだわる講師の原体験を元に、非エンジニアの方であっても開発スキルを短期間で効果的にキャッチアップするための手法や学び方を参加者の皆さんと同じ目線で解説します。
                                     
1.Introduction
 本日のゴール、自己紹介、Dive into Code紹介(15分)
 (自己紹介:5分,Dive into Code紹介:10分)

2.テーブル別自己紹介,起業家向けフローチャート実践(10分)
 (テーブル別自己紹介:5分 起業フローチャート:5分)

3.開発に必要な初期知識(50分)
 システム開発、開発作業、開発環境、開発言語、Ruby on Rails、作業方法の基礎

4.実践ワーク(90分)
 お試しアプリ開発
 (時間がある方は応用編に取り組めます)
   Gitでバージョン管理Herokuでインターネット公開

5.スキルアップのコツ(10分)

6.Appendix(5分)

                                     
■講座資料プレビュー
                                     
http://www.slideshare.net/norotime/rubyonrails-42709667

■受講者の感想
                                     
250名以上の方からご感想をいただいています。
http://blog.diveintocode.jp/2015/12/07/seminar_vioice/
                                     
■講座風景は、facebookページをぜひご覧ください。
                                     
プログラミング・スクール「Dive into Code」写真アルバム
https://www.facebook.com/DiveintoCode.RubyonRails/photos_stream
                                     
「Ruby on Railsコース」を運営するプログラミング・スクールです。
http://diveintocode.jp/
                                     
■■■本講座以降の継続学習について
                                     
初学者のためのプログラミング・スクールを運営しています。
                                      
・経験ゼロからWebエンジニアになる
・常にバージョンアップし続けるテキスト
・チームで受託開発
                                      
等の経験ゼロからWebエンジニアに到達するまでの最高の環境をご用意。
本講座は、はじめの一歩を踏み出すための内容です。
                                     
ご参加者様の特別特典
受講後のfacebookグループでのオンライン学習サポート付き!
                                     
※詳細は、セミナーご参加時あるいはメッセージにお問い合わせください。
                                      
以上

■参加費
・1,000円
                                     
■参加費に含まれるもの
・レッスン代、教材代、会場費がすべて含まれています
・当日使用する投影資料やマニュアルは受講後に差し上げます
                                     
■参加する際は以下をお読み下さい
                                      
・会場にはPC本体はご用意しておりません。Wifi接続が可能なノートPC(Mac, Windowsどちらでも可)をご持参ください
・クラウドIDEサービス「Cloud9(クラウドナイン)」を活用して開発環境の構築と開発作業を行います
・クラウドサービス「Heroku(ヘロク)」を使い本番環境を構築します
・開発環境は、Ruby on Rails4、Ruby2、SQLite3を利用します。
・クラウドIDEサービスと相性が良い「Google Chrome」をインストールしてお使いください。
                                     
■■■お申し込み方法
                                      
下記ストリートアカデミーURLからの申し込みをお願い致します。
※こちらからお申し込み頂かないと事前資料をお渡し出来かねます。
ご了承頂ますようよろしくお願い致します。
                                    
https://www.street-academy.com/myclass/7883

コミュニティについて

DIVE INTO CODE

DIVE INTO CODE

プロのエンジニアになるために挑戦する人が、チャンスをつかめる場をつくる。 DIVE INTO CODEは、プロのスタートラインに立つことを目的に、学ぶべき順序で設計されたカリキュラムと学びあう仲間がいるプログラミングスクールです。ソフトウェアエンジニアの正社員として就業し、その後活躍できるようになるまでを支援するコミュニティがここにはあります。 さあ、私たちと一緒に未来を切り開きませんか...

メンバーになる